-> Click here !!! <-

利用方法

文部科学省:先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業に代わり、文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)「原子・分子の顕微イメージングプラットフォーム」により利用課題を募集します。

利用課題の申請方法は、プラットフォーム事業の公募要領をご参照下さい。


利用料金

利用課題実施のために本事業の施設共用技術指導研究員が利用した装置・時間に対し、下表の料金が課されます。

成果非占有利用 成果占有利用
同位体顕微鏡システム
同位体顕微鏡システム 17,300円/時間 58,500円/時間
次世代同位体顕微鏡システム 17,100円/時間 58,300円/時間
周辺装置群
高圧凍結装置 1,000円/時間 6,500円/時間
凍結置換装置 400円/時間 4,300円/時間
ウルトラミクロトーム 500円/時間 4,700円/時間
細胞インキュベータ蛍光顕微鏡 900円/時間 5,500円/時間
熱レンズ顕微鏡 300円/時間 4,400円/時間
形状測定レーザー顕微鏡システム 700円/時間 5,500円/時間

注) 利用に伴う旅費、学外における関連する研究費・実験費等は含みません。

注) 利用時間の見積など、詳細はイメージングプラットフォーム推進室までお問い合わせください。

尚、上記装置は、本事業の他に北海道大学の装置共同利用システム・オープンファシリティによるご利用も可能です。(オープンファシリティ利用申請、装置利用講習の受講が必要となります)

成果について

成果非占有利用により得られた解析結果及び成果は、利用成果報告書に取りまとめてご提出下さい。利用成果報告書は「原子・分子の顕微イメージングプラットフォーム」で公開しますが、利用申請時の申し出により最大2年間まで公開を延期することが出来ます。

また、成果が特許出願・特許取得・製品化・学会発表などにつながった場合は、その概要をご報告下さい。

利用料金について

上表の成果占有利用は、利用課題実施に要する費用(裝置の運用維持費や光熱費、前処理や測定で使用する消耗品費、利用相談・測定・データ評価に要する人件費など)を元に算出しています。